¡Updated maps of all places and subjects of the world!
Shares and uses information from other users.

守谷市・柏市・我孫子市周辺の空間線量率

守谷市・柏市・我孫子市周辺の空間線量率

Created by JohnnyFive on 14/05/2014
Updated on 14/05/2014
Public map
Streets
Satellite
Hybrid
Physical
Mapnik
Cycle map
Original
Midnight Commander
Red Alert
Streets
Satellite
Hybrid
white
Elements
About this map: 

目的:3月21日に降り注いだ放射能の分布を明らかにし、核種同定をすべき汚染箇所を決定する。http://kenken4433.blog51.fc2.com/blog-entry-1.html方法:各市町村公表のデータを使用。α・β線放出核種の量はγ線の量に比例するものと考え、最も空間線量率(γ線)が高い場所を探索ポイントとする。色と線量率(γ線)赤 : >0.4 μSv/h橙 :0.4 ~ 0.3 μSv/h黄 :0.3 ~ 0.2 μSv/h青 :0.2 ~ 0.1 μSv/h紫 :<0.1 μSv/h※測定距離は最小の立場である児童の観点から論じるため地上50cmに限定した。結論:マップ表示中「!」周辺を探索ポイントとする。この周辺の公園などから土壌・草をサンプルとして採取するのがよいと思われる。参考:原発事故前のBack Groundは0.04~0.08μSv/h(参考:http://bit.ly/kemPNs )。データソース各市町村HP:阿見町(5/25),牛久市(6/13~14),美浦村(6/15),稲敷市(6/13),つくば市(5/27),龍ヶ崎市(6/15),守谷市(5/24),柏市(6/10)、印西市、野田市(6/7),利根町(6/16),常総市(6/8,9),取手市(6/3)そのほか我孫子市、成田市、三郷市、流山市、吉川市、越谷市、八潮市、松戸市、鎌ヶ谷市、白井市などのHPからもデータを採用した。重要な追加事項:(6月25日追加)・セシウムCs-137と線量率の比 ⇒ http://twitpic.com/5go139/full (東大:早野氏)汚染が3/21ならば、3ヶ月経過した現在、計数される線量は主にセシウムのものと思われる。仮に南茨城一帯も福島と同じ傾向にあるとすれば、0.5μSv/hで検出されるセシウムは2500Bq/kgと見積もられる。→ 放射能防御プロジェクトによる土壌測定結果(8/8)http://doc.radiationdefense.jp/dojyou1.pdf追記:1万越えありがとうございます。今後は範囲を南に広げようと思ってます。リクエストがあればメールでお知らせください(7\14)。

Comentarios

There are no comments yet. Be the first to participate
Leave your comment
To leave a comment you must be a register user
Already a member?
Don't have an account yet?
Are you new at Ikimap?

Outros mapas deste usuario